« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

ベビークラスの様子(^^♪ 【英語環境になれること】

北陸や西日本での大雪、
鹿児島県・奄美大島では115年ぶりに降雪があったようです。

寒いですね・・・


そんな寒波が押し寄せる中、お教室にお越しくださる生徒さんたちは

ありがとうの気持ちでいっぱいですshine

ありがとうございます。


ベビークラスの様子です。


入学して半年の子と、レッスン3回目の子のクラスでした。



キャタピラーイングリッシュスクールは

外国人講師が主任です。


生徒さんは、英語の知識を学ぶだけでなく、
英語を使う「実際の環境」に慣れていきます。


ベビークラスでは、特に外国人講師との「ふれあい」を意識し

1歳~3歳までの子供心を大切にしたレッスンを行っています。
Img_9184_1

Img_9186
Img_9190_1

この日は「動物園に行こう」がテーマでした。


記念撮影で盛り上がりましたnote


Img_9201


無料体験レッスンは随時行っています。

お教室の雰囲気、先生との相性、レッスン内容を実際に体験してみてくださいね。

きよみ



お問い合わせはこちらdownwardleft

090-9662-1091 (ホーガンきよみ)
caterpillar@ezweb.ne.jp

2016年1月20日 (水)

英語始めたいけど、1歳児には早すぎ??

1月18日月曜日、ベビークラスに、1歳の女の子が体験レッスンを受講されましたhappy01


ありがとうございました。


そこで、質問を受けました。



「私の子供はまだ1歳です。

まだ日本語も話せないのに、英語を始めるにはまだ早いですか?」

6ba2b96f92c8c8d4417905fefd34d0c5

 

最近お問い合わせが増え、似たような質問を何度もいただいていますので


私の考えをブログに返答を載せますね。


私は、こう答えます。

Readbooks


私 「私は、自分の子どもが0歳のころから英語を始めましたよ。」


ママ 「え!1歳どころか0歳!?」

私 「そうです。

   生まれてから3歳のころは、その子の人生のほどんどが
   
   インプット(情報収集)の時間です。ママならその感覚わかりますよね。

   小さい子のまなざしは真っ直ぐです。


   頭で情報処理されていることはほとんどインプットなので、
  
   その吸収量は予想がつかないほど桁外れと言われます。



   今、子どもが吸収している情報の中に、英語の要素を入れてあげることで
  
   これから子どもがどんなふうにその情報をアウトプット(情報発信)してくるか

   楽しみだから0歳から始めましたheart01


   
  実際に、私の子どもはどうなっているかというと、

  6歳になり、アウトプットが多くなりました。(おしゃべりが増え、お絵かきやお手紙を書く)


 そこで見えたことは、




 one お絵かきの絵が見慣れた表現と少し違うこと。

 海外の絵本を見ていたことで、表現の幅が広がったのでしょうか?
 
 
two ひらがなに加え、英語も書くようになったこと。
 
 「じーじにお手紙書くんだけど、『じーじ I love you って英語でどう書くの?』」

 などよく聞いてきます。

 言語での表現の幅も広がっているよう。

 海外では家族間で「愛してるよ」とよく言いあいますが、日本では見ない光景です。

 いわれたら嬉しいですheart01


 three 外国の方にも声をかけます。
 
 髪、肌、目、体格、言葉などの違いはあまり気にならないようです。

 

 見えてきたのはこのくらいかな?これからどうだろ?ワクワクdiamond

 

  親が英語に触れさせたい!と思っても、

  子どもはそれぞれ向き、不向きがあります。

  レッスンにお越しいただいて、

  お子さんに英語環境が自分に合っているかを確かめてもらって下さい。

  ママは、お子さんに楽しんで英語に触れてもらうたくさんの”仕掛け”を見に

  来てください。
 

  



 ちなみに、我が家の日常生活では日本語です。

 絵本や歌、ちょっとしたフレーズや英語レッスンに連れていくときだけ

 英語にふれています。

 みなさんと同じだと思います。

 
 母国語が確立できてからの第二言語だと思っていますので

 母親が話す言葉は、子供にとって意味するものが大きいと思っているからです。



 

 他に、質問等ありましたら、お気軽にご連絡下さいねnote

  きよみ



 HPはこちらです。downwardleft

 http://caterpillar-english.com/lessons.html

 

2016年1月17日 (日)

今年もほんわか、ベビークラスの様子(^^♪

ぴゅーぴゅー冷たい風が吹いている1月、

暖かい日差しが入るお教室の中は

ぽかぽかなんです。sun


こんなにあかるいのですhappy01
Img_9132


ぽかぽかお教室の中で、ママといっしょに楽しい英語の時間ですnotes
Img_9144



フラットで広いお教室、

思いっきり体を動かして

楽しく英語の世界で遊ぶよfoot


Img_9135
今日のフォニックスは
「X」  と  「Y」

音の練習をした後、その音で遊びます。

 
「X」 の音は クス
「Y」 の音は ィエ




「X」➡xylophone
 木琴

みんなが木琴に変身!

Img_9141



「Y」➡ yellow sun 黄色い太陽

かわいい手で、黄色い太陽の完成~
Img_9145


今日、新しいお友達が入ってくれました。

1歳7ヵ月のかわいい女の子heart01


「人見知り、場所見知りするのに、ここではなぜだか楽しそうに遊んでくれる。」

とママのコメント。


嬉しいheart04楽しみながら、続けていきましょうね。



きよみ


お教室HPはこちらですdownwardleft
http://caterpillar-english.com/
 

2016年1月16日 (土)

スーパーボールお年玉くじでスタート!

2016年、キャタピラーイングリッシュスクール、第一回目レッスンは


スーパーボール
お年玉くじでスタート!



キャタピラーイングリッシュスクールから届いた年賀状の、

お年玉ナンバーでくじが引けますheart



Img_9154_3



大盛り上がりでしたhappy01

幼児クラスのみんなは、整列!かわいいheart04




外から与えられる楽しさと、みんなの心の内から湧いてくる楽しさをいっぱい

感じてもらえる一年にしていきたいと思います。


今年もよろしくお願いします。



きよみ



年度替わりに近づき、無料体験のお問合せが多くなってきています。

少しでも、「キャタピラーイングリッシュスクールってどんなとこなのかしら?」

と気になっている方は、お気軽に、お早めにお問い合わせくださいませ。

お待ちしております。
090-9662-1091(きよみ)

2016年1月11日 (月)

「まちゼミ 藤枝」参加します!

おはようございます!

今朝の静岡新聞折り込みチラシ、チェックです!

こちらのチラシです。downwardleft

Fullsizerender_1_2




藤枝市が主催する



お店の人が教えてくれる!
     得する街のゼミナール


 
に今年も参加しますwink

 

藤枝市のお店の方が講師となって 

プロならではの”コツ”や”知識”を無料で教えてくれる

少人数制のミニ講座です。


とても面白そうな講座がいっぱい!!



キャタピラーイングリッシュスクールでは、こちらの企画でお待ちしています。


《 親子一緒にワクワク英語体験! 



子見えない何かが炎を消す?
空中に浮かぶ怪しい物体とは?
自分で考え、親子で楽しむ実験にやさしい英語でチャレンジします。
「英語って楽しい!」と感じる体験、してみませんか?



① 2 / 22  月曜日 15:30~16:30


② 2 / 26 金曜日 16:30~17:30



対象:年中児~小学校3年生のお子様と保護者
定員:親子6組
 
Img_9129


お電話にて、参加申し込みをして下さいね。(1月12日火曜日受付開始)


090-9662-1091 (ホーガン きよみ)




年2回開催される「まちゼミ」 いろんな講座をはしごされる方もいるそうです。


とてもユニークな企画が盛りだくさん!
ぜひ色んなお店を回って、講座を楽しんでみてくださいね。


きよみ

2016年1月 2日 (土)

新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。
Illust4171

本年度、昨年の反省を加えよりパワーアップした取り組みにより


お子様一人一人の英会話習得に努力してまいります。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


また、昨年度からキャンペーンは3月まで引き継いでいます。

新年、気持ち新しく一緒に英語を始めませんか?

キャンペーン内容downwardleft


http://caterpillar.air-nifty.com/blog/2015/02/3-d2af.html


広く、暖かいお教室でお待ちしております。


スタッフ一同

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »